<<<<<<< .mine 出張買取・質屋・リサイクルショップより宅配買取【ルイ・ヴィトン買取専門店】

宅配キット、送料、キャンセル料、振込手数料まですべて無料!ルイ・ヴィトン買取専門店ブランディア

ルイ・ヴィトン買取専門店の
本物と偽物の判定

みんなが知りたい『ニセモノ見極めポイント』とは!?「あ、ヴィトンじゃん!でもそれ、本物なの??」友達が持ってるヴィトンのバッグ。ヴィトンのバッグは偽物が出回ってるって聞くけど、彼女が持ってるバッグは本物なんだろうか…?口には出さないけど、心の中で思ったこと、ありませんか?
このページでは、みんなが気になる「ニセモノ見極めポイント」をこっそりあなただけにお伝えします。このポイントをおさえれば、もうニセモノをつかまされる心配はありませんよ!

そもそも『真贋』って何?

真贋判定の様子

「偽物」「コピー商品」「スーパーコピー」そんな言葉がちまたにあふれています。折角ブランド品を買っても、それがニセモノだとわかったら…悲しいだけでなく、販売元を恨みたくなりますよね。あるブランド品が本物なのか、偽物なのか、それを見分けることを『真贋判定』といいます。でも実際のところ、それを決められるのは商標権者(ブランドホルダー)だけなのです。私たちブランディアは豊富な知識と経験を活かし、『真贋判定』に独自の判定基準を設けています。

商品のどこを見て『真贋判定』してるの?

「堅苦しい説明はわかったから、見ている点を早く教えてよ!」そんな声が聞こえてきそうです。ここから先は、10年前から商品を見続けてきたベテラン査定員が「一体どこを見て真贋判定しているのか?」それをこっそりご紹介します。長年門外不出として守り続けてきた秘蔵データ。本邦初公開です!

ポイント1ブランド表記

ブランド表記

ブランド表記に関して例外はありますが、字体・打刻が不鮮明であるかどうかを見ています。画像にある『LOUIS VUITTON』の『O』が楕円であるかないかというのは正規品なのか、不正品なのか見るポイントの1つです。

ポイント2縫い目と金具

縫い目と金具

真贋判定に欠かせないのが「縫い目」と「金具」「モノグラムライン」で使われている糸。実は色が決まっています。正規品か不正品か、それは糸の色でわかります。もう一つ大事なポイントは「金具」本物は2つの部品で作られているのに、偽物は1つの部品で作られていたりします。また、見るからに作りが雑だったり、金メッキに色むらがあったりもします。「縫い目」と「金具」をベテラン査定員が見れば、正規品か不正品かは一発でわかるのです。

ポイント3手触り

手触り

素材の手触りはとても重要。高級ブランドで使われている素材は、高品質なものがほとんどです。触ればわかる、品質の良さ。例えば、ウールとカシミヤの手触りの差。フェイクファーとフォックスファーの違い。それに似た感覚かもしれません。

ポイント4製造番号

製造番号

「こんなところにあるの?」ルイヴィトン製品そのほとんどに、『製造番号』と呼ばれるアルファベットと数字を合わせた刻印があります。でもその『製造番号』とんでもないところにあるんです。

製造番号はここだ!

製造番号の一例をお見せしますので、あなたがお持ちのバッグや財布もチェックしてみてください。

ネヴァーフル
内ポケットの右上
リポーター
外側のポケットの中
スピーディ
内ポケットをめくったところにある金具
アマゾン
バッグの内側のすみっこ

いかがでしたか?ブランド品の『真贋判定』その作業工程で見るべきポイントはたくさんあります。実は、上記ポイント以外にもいくつか見るべきところはあるのですがそこは企業秘密ということで・・・!
お手元にあるヴィトンのバッグや財布。「偽物だったらどうしよう・・・?」そんな不安がある方は、ぜひ一度ブランディアに査定を依頼してみてください。ご紹介したポイントをしっかりチェックして、正直に査定の結果をお伝えします。査定の結果を見てから、売却するか、返してもらうか、決めることができますので安心してくださいね。

ヴィトンを売るならブランディアのルイ・ヴィトン買取専門店へ

査定はもちろん無料です。
お申込みはこちら!

ルイ・ヴィトン

======= 出張買取・質屋・リサイクルショップより宅配買取【ルイ・ヴィトン買取専門店】

宅配キット、送料、キャンセル料、振込手数料まですべて無料!ルイ・ヴィトン買取専門店ブランディア

ルイ・ヴィトン買取専門店の
本物と偽物の判定

みんなが知りたい『ニセモノ見極めポイント』とは!?「あ、ヴィトンじゃん!でもそれ、本物なの??」友達が持ってるヴィトンのバッグ。ヴィトンのバッグは偽物が出回ってるって聞くけど、彼女が持ってるバッグは本物なんだろうか…?口には出さないけど、心の中で思ったこと、ありませんか?
このページでは、みんなが気になる「ニセモノ見極めポイント」をこっそりあなただけにお伝えします。このポイントをおさえれば、もうニセモノをつかまされる心配はありませんよ!

そもそも『真贋』って何?

真贋判定の様子

「偽物」「コピー商品」「スーパーコピー」そんな言葉がちまたにあふれています。折角ブランド品を買っても、それがニセモノだとわかったら…悲しいだけでなく、販売元を恨みたくなりますよね。あるブランド品が本物なのか、偽物なのか、それを見分けることを『真贋判定』といいます。でも実際のところ、それを決められるのは商標権者(ブランドホルダー)だけなのです。私たちブランディアは豊富な知識と経験を活かし、『真贋判定』に独自の判定基準を設けています。

商品のどこを見て『真贋判定』してるの?

「堅苦しい説明はわかったから、見ている点を早く教えてよ!」そんな声が聞こえてきそうです。ここから先は、10年前から商品を見続けてきたベテラン査定員が「一体どこを見て真贋判定しているのか?」それをこっそりご紹介します。長年門外不出として守り続けてきた秘蔵データ。本邦初公開です!

ポイント1ブランド表記

ブランド表記

ブランド表記に関して例外はありますが、字体・打刻が不鮮明であるかどうかを見ています。画像にある『LOUIS VUITTON』の『O』が楕円であるかないかというのは正規品なのか、不正品なのか見るポイントの1つです。

ポイント2縫い目と金具

縫い目と金具

真贋判定に欠かせないのが「縫い目」と「金具」「モノグラムライン」で使われている糸。実は色が決まっています。正規品か不正品か、それは糸の色でわかります。もう一つ大事なポイントは「金具」本物は2つの部品で作られているのに、偽物は1つの部品で作られていたりします。また、見るからに作りが雑だったり、金メッキに色むらがあったりもします。「縫い目」と「金具」をベテラン査定員が見れば、正規品か不正品かは一発でわかるのです。

ポイント3手触り

手触り

素材の手触りはとても重要。高級ブランドで使われている素材は、高品質なものがほとんどです。触ればわかる、品質の良さ。例えば、ウールとカシミヤの手触りの差。フェイクファーとフォックスファーの違い。それに似た感覚かもしれません。

ポイント4製造番号

製造番号

「こんなところにあるの?」ルイヴィトン製品そのほとんどに、『製造番号』と呼ばれるアルファベットと数字を合わせた刻印があります。でもその『製造番号』とんでもないところにあるんです。

製造番号はここだ!

製造番号の一例をお見せしますので、あなたがお持ちのバッグや財布もチェックしてみてください。

ネヴァーフル
内ポケットの右上
リポーター
外側のポケットの中
スピーディ
内ポケットをめくったところにある金具
アマゾン
バッグの内側のすみっこ

いかがでしたか?ブランド品の『真贋判定』その作業工程で見るべきポイントはたくさんあります。実は、上記ポイント以外にもいくつか見るべきところはあるのですがそこは企業秘密ということで・・・!
お手元にあるヴィトンのバッグや財布。「偽物だったらどうしよう・・・?」そんな不安がある方は、ぜひ一度ブランディアに査定を依頼してみてください。ご紹介したポイントをしっかりチェックして、正直に査定の結果をお伝えします。査定の結果を見てから、売却するか、返してもらうか、決めることができますので安心してくださいね。

ヴィトンを売るならブランディアのルイ・ヴィトン買取専門店へ

査定はもちろん無料です。
お申込みはこちら!

ルイ・ヴィトン
>>>>>>> .r2688